美容外科で簡単に小顔になる方法【外科的手段は最後にやる】

手軽な治療で素敵な輪郭

カウンセリング

手術後は食事や運動に留意

輪郭を理想の形に整える形成施術は美容外科で受けられますが、今では注射だけで終わるプチ治療も数々提供されています。たとえば簡単に小顔になる方法にはボツリヌス注射があり、両サイドへ広がるエラをすぼめ、コンパクトな顔になることで人気です。この小顔になる方法は、輪郭を大きくしている原因が咬筋にある場合に限り有効ですが、原因と合致した時は外科治療並みの効果を得られることで知られています。そして、プチ小顔形成にはヒアルロン酸注射も用意されており、これも手間いらずな小顔になる方法として評判です。この治療はアゴが低い場合や、アゴ先が奥に後退しているなど、全体に丸みを帯びた輪郭の方に適しています。アゴにボリュームがない状態では顔が太って見えやすいのですが、ヒアルロン酸を注入してアゴを高く形成することで、バランスが整って小顔効果が得られるのです。また、ヒアルロン酸でアゴ先を補高しますと、鼻先とアゴ先を結ぶEラインも改善できるため横顔も美しくなれます。このほか、顔の贅肉太りを改善して小顔になる方法として、脂肪溶解注射も提供されているので、小顔になりたい時は美容外科を利用しましょう。本格的な骨切り手術といった小顔治療のほか、美容外科では顔のボリュームを減らすバッカルファット除去という、比較的手軽な整形手術も用意されています。この小顔になる方法は基本的に口の中を切るので顔の表面に傷はできませんが、手術後は口の中を清潔にしなければなりません。食事自体は術後の当日からでも可能ですが、その際はゼリーなどの流動性が高い食事を取るように気をつけておきましょう。食後は洗浄液などで口の中を綺麗にしなければなりませんから、医師の指示に従って忘れずに口内消毒してください。傷の回復具合によっては数日後に普通の食事に戻せますが、その場合も硬い物は控えるように気をつけましょう。また、アルコール類も摂取しない方が良いため、術後しばらくの間はお酒を飲まないようにします。そのほか、この小顔になる方法では術後の運動も控えるのが望ましいので、当日や翌日はとくに不要な運動を避けるのが肝心です。軽めの運動なら2、3日後、通常の運動なら概ね1週間から10日後に可能となりますが、個人差もあるため医師に相談してから始めた方が良いでしょう。

Copyright© 2018 美容外科で簡単に小顔になる方法【外科的手段は最後にやる】 All Rights Reserved.